日本大学馬術部

VOICE

部員の声

VOICE 18

日大馬術部で馬術を続けたい

Anna Bortnik

2020年入学

Facebookで日大へ

2019年9月に日本に来ました。目的は日大馬術部に入るためです。日大で乗馬を続けたいという思いと、日本の文化に接したいという思いからのチャレンジです。
馬術は5歳の頃に始めて、10歳のときにスポーツクラブに入りました。それから試合に出るようになり、18歳までポーランドで国際大会含めいろいろな試合に出てきました。ずっと馬術を続けていたかったので、スポーツ推薦のような形でフランスの高校に行きました。
日大馬術部を知ったのは、高校のときです。友達から日大馬術部がヨーロッパの選手を探しているというのを聞いて、これはチャンスだと思いました。それからFacebookで連絡を取るようになり、高校を卒業してすぐに日大に来ました。

日本に来て驚いたシステム

日本とヨーロッパの文化は全く違います。特に先輩と後輩というシステムはヨーロッパにはありません。それが最初の驚きで、どうやってこのシステムに入ればいいのかと心配でした。
また、毎日の練習のメニューは自分で考えなければいけません。ヨーロッパでは毎日コーチが見てくれてトレーニングをしていました。しかし、日大馬術部では常にコーチがいるわけではないので、自分でスケジュールやメニューを考えることもしなければいけません。
もちろん、日大馬術部には経験のあるコーチがたくさんいます。それは素晴らしいことです。いつも練習や試合に役立つ貴重なアドバイスはもらっています。

自分も馬もベストを尽くせるように

試合の結果はひとつだけではありません。1年間を通して、しっかりと考えながら前に進んでいきたいと思います。ひとつの結果だけではなく、次のステップにつなげていくことが大切です。
試合では私の調子もそうですが、馬の調子もあります。試合に向けての道を大事に準備をし、自分も馬もベストを尽くせるようにしていきたいです。失敗もありますが、自分の目的に向かっていくことが大事です。

Anna Bortnik(アンナ ボルトニック)

生物資源科学部 国際地域開発学科 2年
Lycee St-Louis(Saumur フランス)出身

他の部員の声

OB・OG

9 SEPTEMBER

試合・行事日程

2(THU)
第89回関東学生馬術争覇戦
3(FRI)
第93回関東学生馬術選手権大会・第65回関東学生馬術女子選手権大会
3(FRI)
第89回関東学生馬術争覇戦
4(SAT)
第93回関東学生馬術選手権大会・第65回関東学生馬術女子選手権大会
4(SAT)
第89回関東学生馬術争覇戦
5(SUN)
第93回関東学生馬術選手権大会・第65回関東学生馬術女子選手権大会
5(SUN)
第89回関東学生馬術争覇戦
11(SAT)
第38回全日本ジュニア馬場馬術大会2021
12(SUN)
第38回全日本ジュニア馬場馬術大会2021
16(THU)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
17(FRI)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
18(SAT)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
19(SUN)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
30(THU)
第76回国民体育大会(三重)

年間行事予定

  • 全日本学生馬術三大大会2020特設ページ
  • 部員の声
  • OB・OGインタビュー
TOP