日本大学馬術部

VOICE

部員の声

VOICE 07

ずっとここにいたいと思える雰囲気です。

柿平紗枝

2016年入学

1年で関東学生馬術女子競技大会 馬場馬術競技優勝。

コンビを組んだ馬は夏ごろに監督から乗るように指示があり、今まで乗ってきた馬の中でもすごく合うなという感覚が序盤からありました。ただ男の人でも大変なくらい大きな馬なので引きずり回されることも多くて、コーチ陣や先輩方に毎日お世話になりながら、大会当日も結果が出るまでは不安で、ずっとドキドキしていました。
一番の勝因としては、出番の1時間前から乗ったことです。いつもは先輩に慣らしていただき、乗りやすい状態で臨むのですが、今回は全部経験だということで最初から乗らしていただいて、そのおかげで馬との関係を深められたと思います。

落ち着きと刺激が両立する環境。

馬術部での生活は、最初は戸惑いもかなりありました。空港からここへ来るのにもたじたじだったので(笑)。でも同期が同じアパートに住んでいるので心強いですし、やっぱり毎日馬と一緒にいられる生活は楽しいです。馬術部は一言で言うと家族のようで、試合会場では特に感じます。居心地がよくて、ずっとここにいたいなと思える雰囲気ですね。
また、私はスポーツ科学部に在籍しているのですが、他のスポーツをやっている人たちとディスカッションしたりコーチングを学んだりと勉強も毎日楽しいです。ワールドカップで銀メダルだった方もいたりして、とても刺激になります。

数々の尊敬する選手に囲まれて。

尊敬する選手はたくさんいて、先輩方も、活躍されている女性ライダーさんも、今まで教わってきた先生方も、みなさんとても尊敬しています。関東学生馬術女子競技大会は結果的には良かったのですが、まだまだ納得する演技はできていないので、今後は全日本学生にも出場したりと、もっと活躍できる選手になりたいです。

柿平 紗枝(かきひら さえ)

スポーツ科学部 競技スポーツ学科2年
活水高校出身

他の部員の声

OB・OG

9 SEPTEMBER

試合・行事日程

5(SAT)
関東学生馬術選手権・女子選手権競技大会
6(SUN)
関東学生馬術選手権・女子選手権競技大会
12(SAT)
第41回全日本ヤング総合馬術大会2020
12(SAT)
第41回全日本ジュニア総合馬術大会2020
13(SUN)
第41回全日本ヤング総合馬術大会2020
13(SUN)
第41回全日本ジュニア総合馬術大会2020
25(FRI)
第55回オリンピック記念馬術大会
26(SAT)
第55回オリンピック記念馬術大会
27(SUN)
第55回オリンピック記念馬術大会

年間行事予定

  • 全日本学生馬術三大大会2018特設ページ
  • 部員の声
  • OB・OGインタビュー
TOP