日本大学馬術部

MEMBER

部員紹介

川野 剛

かわの つよし

今年の目標:できるだけ安全に生活して限りあるチャンスを自分のものにできるように頑張ります

生年月日
平成15年12月26日
出身校
茨城県立水戸商業高等学校
学部・学科
スポ―ツ科学部 競技スポーツ学科
特技
どこでも寝れること

桜烈

自分に厳しく

日本大学馬術部寮に入寮して活動に参加し始めてから、約1年が経過しました。
去年は全日本学生馬術選手権大会で2位になることができ、他にも数々の競技会に参加させていただくことができました。部の作業にも慣れ後輩が新たに入ってきたことにより、今までよりも空いている時間が増えました。
しかし、自身の成績に慢心しだらけている自分がおり学校の成績もあまり良くなく自分自身の首を絞めることになっていました。
私の夢は、乗馬のインストラクターとしてお客さんやジュニアの子たちにわかりやすく教えることです。母が乗馬のインストラクターだったり、叔父が乗馬クラブを経営していたこともあり、小さいころから教えることがすごくかっこよく見え、将来は自分もインストラクターになろうと夢見ていました。
今の状態では、自分はどんどん腐っていき今の状態よりももっと悪くなると思います。日頃の行いから考え直しもう一度初心に帰り入ってすぐの頃のように仕事と勉強に取り組み自身を律して行こうと思います。(2023年5月)

 

夢に向かって

日本大学馬術部寮に入寮して活動に参加し始めてから、三週間が経過しました。
 活動し始めた当初は、今までの生活との違いに苦しみ仕事を忘れてしまったり寝坊したりと失敗をしてしまいました。しかし、そんな私にやさしく接してくださる先輩方のおかげで、この生活に慣れることができました。
 私の夢は、乗馬のインストラクターとしてお客さんやジュニアの子たちにわかりやすく教えることです。母が乗馬のインストラクターだったり、叔父が乗馬クラブを経営していたこともあり、小さいころから教えることがすごくかっこよく見え、将来は自分もインストラクターになろうと夢見ていました。
日本大学では、スポーツ科学部でコーチング学やスポーツ経営学などを学びクラブの発展に貢献したいです。また部活では、とても上手な先輩方が多いのでそういった方々から教えていただいたり、先輩方が乗っているところを見たりしてすこしでもじぶんの力になることを吸収して上手になりたいです。
 この四年間の目標は、障害・馬場・総合の三種目でレギュラーになり表彰台の一番高いところに乗って表彰を受けることです。
そのために、一日一日を大切に過ごしチャンスを無駄にせずにこれからも生活して行きます。(2022年5月)

戦績

年月日 大会名 競技名 順位/勝ち点 馬匹名 総減点
令和4年11月25~27日 第7回関東学生馬術男子競技大会 男子馬場馬術競技 5位 桜焔 63.194%
令和4年9月10~11日 令和4年度全日本学生馬術選手権大会 1回戦 プロフェスール 60.439%
2回戦 アドニス 64.035%
準々決勝 サトノプレシャス 59.561%
準決勝 グランシュヴァリエ/シェリー 56.667%/-6.8
決勝 2位 アルタイス/コーネル 58.810%/-4
令和4年9月4日 令和4年度学生馬術東西対抗競技大会 東西対抗競技大会 × 桜禅 -8
令和4年9月2日~4日 令和4度関東学生馬術争覇戦 争覇戦Ⅰ部1回戦 × アポロリュウセイ -16
令和4年8月26日~28日 第43回全日本ジュニア総合馬術大会 EV90 8位 桜禅 61.6
令和4年6月18~19日 総合馬術ホーストライアル2022 6月 EV80 2位 ハップウトウゲ 37.32
令和4年5月12~15日 令和4年度関東学生馬術選手権・女子選手権大会 1回戦 9位 桜千 65.1
2回戦 4位 桜禅 27.7
3回戦 カワキタピリカ 62.89%
準々決勝 コモンブレイク/桜陸 62.281%/-1.2
準決勝 ×/4位 明鳳/桜禅 62..456%/-29.2

フォトギャラリー

3 MARCH

試合・行事日程

年間行事予定

  • 全日本学生馬術三大大会2023特設ページ
  • 部員の声
  • OB・OGインタビュー
TOP