日本大学馬術部

MEMBER

部員紹介

堀坂 七菜子

ほりさか ななこ

今年の目標:馬を大切にし、沢山活躍できるよう頑張ります!

生年月日
平成13年1月15日
出身校
兵庫県立播磨農業高等学校
学部・学科
生物資源科学部生命農学科
目標とする選手
斎藤瑞恵先生

桜烈

3年目

日本大学馬術部に入部してはや3年目を迎えました。もう折り返し地点なのかと思うと、時の流れの速さに驚きます。
こうして改めて入部してから今までを振り返ると、いろいろ考えてしまいます。あのときは大変で辛かったな。とか、あのときの試合、こうしていればな…。とか。私の場合、いつもタラレバばかりを考え、過去を思い悩んでいるから気付いたらもう3年になっていた。なんてことになっているのかもしれません。
だから、折り返しの2年間は後悔をすることが無いようにしたいと思います。
馬のことに関して、私は入部してから今までずっと、桜望号のグルームをしています。桜望はあまり人に懐く性格ではなく、神経質で、他部員からはよく『可愛げのない性格』と言われます。まずは信頼関係を築き、どうしたら桜望が快適に、ストレスなく過ごせるか。などたくさん考え、毎日向き合っていくうちに、次第に心を開いてくれるようになりました。私が辛いとき、いつも桜望の馬房に行くと優しく寄り添ってくれます。桜望は私にしか見せない表情をたくさん見せてくれるようになりました。
私は桜望と過ごす日々の中で、相手を想い、真剣に向き合う大切さを学びました。
そんな先生でもあり、かけがえのない存在である桜望に出逢えたこと、そしてこのように多くの学びを得られる環境に感謝を忘れず、日々過ごしてゆきたいと思います。(2021年5月)

 

後悔のない4年間に!

私はこの春に日本大学馬術部に入部しました。
ここの馬術部に入ろうと思ったきっかけは高校時代に指導していただいた先生に薦められたからです。初めはなんとなく候補にいれていたぐらいだったのですが、あることがきっかけで入部を決意しました。それは、夏のトライアウト前の合宿でお世話になった時でした。
充実した施設の中で今まで触ったこともないくらい立派な馬に跨って練習している先輩方見て圧倒されたと同時に「私にはここしかない」と思いました。
私は今、3頭の馬の馬付きをしています。まだ、試合に出られるわけではないですが、今はしっかりと馬を観察し、馬や選手が万全の状態で試合に挑めるようにサポートしていきたいです。そして沢山練習を積んで、4年後に後悔しないようにこれからもコツコツ頑張ります。(2019年6月)

戦績

年月日 大会名 競技名 順位/勝ち点 馬匹名 総減点
令和2年12月18日~20日 第64回関東学生馬術女子選手権大会 1回戦 桜真 総タイム65.42
2回戦 桜宝 得点44.13
3回戦 桜坂 57.280%
準々決勝 5位 ルシェール・聖風 総得点327.0
令和2年11月28日~29日 第58回関東学生馬術女子競技大会 障害飛越競技 第6位 桜真 JO 減点4
令和2年8月28日~8月30日 八王子乗馬倶楽部創立50周年記念ホースショー フレンドリージャンピング100 2位 桜苺 減点1
令和2年2月28日~3月1日 第51回関東学生馬術新人競技大会 新人戦 9位 桜恋 JO 8
令和元年11月30~12月1日 第57回関東学生馬術女子競技大会 馬場馬術競技 11位 桜羽 60.933%
令和元年9月5~8日 第40回全日本ジュニア総合馬術大会2019 ジュニアライダー選手権 3位 桜恋 44.2
平成31年4月13~14日 第50回関東学生馬術新人競技大会 会長杯 2位 桜苺 JO 0 

フォトギャラリー

9 SEPTEMBER

試合・行事日程

2(THU)
第89回関東学生馬術争覇戦
3(FRI)
第93回関東学生馬術選手権大会・第65回関東学生馬術女子選手権大会
3(FRI)
第89回関東学生馬術争覇戦
4(SAT)
第93回関東学生馬術選手権大会・第65回関東学生馬術女子選手権大会
4(SAT)
第89回関東学生馬術争覇戦
5(SUN)
第93回関東学生馬術選手権大会・第65回関東学生馬術女子選手権大会
5(SUN)
第89回関東学生馬術争覇戦
11(SAT)
第38回全日本ジュニア馬場馬術大会2021
12(SUN)
第38回全日本ジュニア馬場馬術大会2021
16(THU)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
17(FRI)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
18(SAT)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
19(SUN)
第73回全日本障害馬術大会2021 Part II
30(THU)
第76回国民体育大会(三重)

年間行事予定

  • 全日本学生馬術三大大会2020特設ページ
  • 部員の声
  • OB・OGインタビュー
TOP