日本大学馬術部

VOICE

部員の声

VOICE 02

厳しくも楽しい日々の中、腕を磨いていける。

沖廣諒一

2013年入学

自然な流れで日大を目指すようになりました。

高校の時に指導していただいていた乗馬クラブのコーチが日大のOBで、「来月日大の合宿に行くから」と突然言われて、そこから自然と目指すようになりました。他大に行こうとは特に思わなかったです。ただ、噂では日大は自衛隊並に厳しいと聞いていたので、ちょっと不安でしたね(笑)

自分たちで考えて動く自主的な雰囲気。

実際入ってみると、厳しいことは厳しいのですが、年齢が近い人たちの集まりなので、楽しい時も同じくらい多いです。それに日大は馬もそろっていて、環境や設備もとても充実していますし、コーチの方もオリンピック出場経験のある方など、上手な人が多いので練習の質が高いです。
部員の人数も多く、自主的に動く雰囲気なので、監督やコーチが来ないときは、自分たちで考えて練習しています。
一番思い出深い大会は、1年の時の全日本学生ですね。結果は3位だったのですが、それまであまり試合にも出ておらず、パートナーの馬も1ヵ月前から乗り始めたので、がんばった記憶があります。

目指すは、個人優勝3連覇。

目標とする選手は、高校の時指導していただいたコーチです。自分の基礎を教えてもらった人でもあり、その基礎も、教えてもらっても簡単にはできないのですが、そのコーチはあっさりとこなされるので、違うなと。
また、今年は自分の個人優勝3連覇がかかっているのでその達成と、団体での6連覇に貢献するのが目標です。

沖廣 諒一(おきひろ りょういち)

生物資源科学部 国際地域開発学科卒
高水高等学校出身

他の部員の声

OB・OG

5 MAY

試合・行事日程

3(FRI)
2019fuji horse show spring jumping festiva
4(SAT)
2019fuji horse show spring jumping festival
5(SUN)
2019fuji horse show spring jumping festival
6(MON)
2019fuji horse show spring jumping festival
10(FRI)
大和高原CRANEホースショー
10(FRI)
関東学生馬術選手権・女子選手権競技
11(SAT)
大和高原CRANEホースショー
11(SAT)
関東学生馬術選手権・女子選手権競技
12(SUN)
大和高原CRANEホースショー
12(SUN)
関東学生馬術選手権・女子選手権競技
24(FRI)
全日本ヤング総合馬術大会2019
24(FRI)
第54回東日本障害馬術大会
24(FRI)
第46回近畿馬術大会
25(SAT)
全日本ヤング総合馬術大会2019
25(SAT)
第54回東日本障害馬術大会
25(SAT)
第46回近畿馬術大会
26(SUN)
全日本ヤング総合馬術大会2019
26(SUN)
第54回東日本障害馬術大会
26(SUN)
第46回近畿馬術大会
31(FRI)
第23回甲信馬術大会2019

年間行事予定

  • 全日本学生馬術三大大会2018特設ページ
  • 部員の声
  • OB・OGインタビュー
TOP