日本大学馬術部

MEMBER

部員紹介

越後 りの

えちご りの

今年の目標:様々な面で成長する

生年月日
平成15年1月5日
出身校
兵庫県立播磨農業高等学校
学部・学科
スポーツ科学部競技スポーツ学科
目標とする選手
対馬千晶さん、斎藤興治さん

桜烈

2年目

入学してから早いもので1年が立ち、2年生になりました。
昨年は全てのことが新しく、入部当初は、日本一の部活でやって行くことが出来るのか、とても不安が大きかったです。しかし、周りの先輩方、同期、そしてコーチの方々が私に向き合って下さり、選手として、そして人間としてとても成長できた一年でした。
選手としては、桜宝、桜羽で試合に出場させていただき、その時も沢山の方々にお世話になりました。
日本大学に入る前の私は、勝たなければならないというプレッシャーを感じることなく、試合に出場してきました。
しかし、日本大学の名前がつき、試合に出場することが、これ程までにプレッシャーを感じ、またそれと同時に喜びを得られるのか、ということを感じました。
また、去年は桜陽、桜囁、桜苺の担当をさせて頂き、馬付きとして、毎日先輩方と一緒に馬を触らせて頂きました。その日々を過ごす中で、馬を管理することの楽しさ、難しさを日々感じ、その分試合で担当馬が活躍している姿を見れることは本当に嬉しく、感動をしました。
そして、馬を管理し、試合に出場し、結果を残す先輩方の姿を肌で感じ、雲の上の存在に感じています。
しかし、自分も今年から後輩ができ、徐々について行くだけでなく、引っ張って行くことをできるようにしなければ行けません。
今年一年間はとにかく先輩方から沢山のものを吸収して、今よりも更に成長していきます。
そして、日本大学馬術部の部員として、誇りを持ち、試合ではプレッシャーで自分を高められるような選手になります。
今後とも宜しくお願い致します。(2022年5月)

 

新しい環境の中で

私は小学4年生から馬術を始めました。今まで部活に入ったことがありません。
ずっと乗馬クラブに通っていました。
高校の時にはクラブに同世代の人はいませんでした。
人見知りの私は入部してすぐの時はとても緊張して先輩たちや同期とどう接すれば良いか全然わかりませんでした。でも1ヶ月半経ち、先輩や同期も馬以外の話もたくさんしてくれて楽しいです。
今までと違って同世代の高い目標を目指す人が多くいる刺激的な環境の中、整った施設や経験のある馬と共に馬術ができる事に日々感謝し、自分を支えてくれている親や周りの人達にも感謝を忘れずに日々頑張っていきたいです。また日本大学馬術部に入り毎日馬と生活していく中で一頭一頭の馬の特徴などを踏まえ、今までの経験からその馬にあった乗り方や運動を導き出したいです。
悔いのない4年間にできるよう頑張っていきたいです。また日本大学馬術部は全国から技術も経験もある選手が集まってくるのでレギュラー争いはとても激しいですが、大会ではチャンスを無駄にせず、馬の良さを最大限に引き出しに完璧な演技ができるようなライダーになりたいです。先輩や同期に負けないように精一杯頑張ります!
よろしくお願い致します!(2021年5月)

戦績

年月日 大会名 競技名 順位/勝ち点 馬匹名 総減点
令和3年11月20~21日 第59回関東学生馬術女子競技大会 女子馬場馬術競技 1位 桜羽 64.40%
令和3年6月24日~27日 総合馬術ホーストライアルシリーズ6月 EV90 出場 桜宝
令和3年4月16~18日 第58回東都学生馬術大会 新人馬場馬術競技 8位 桜羽 60.933%
6 JUNE

試合・行事日程

4(SAT)
第26回甲信馬術大会2022
5(SUN)
第26回甲信馬術大会2022
11(SAT)
第74回全日本馬場馬術大会2022 PartⅡ
12(SUN)
第74回全日本馬場馬術大会2022 PartⅡ
15(WED)
関東学生馬術三大大会2022
16(THU)
関東学生馬術三大大会2022
17(FRI)
関東学生馬術三大大会2022
18(SAT)
関東学生馬術三大大会2022
19(SUN)
関東学生馬術三大大会2022

年間行事予定

  • 全日本学生馬術三大大会2021特設ページ
  • 部員の声
  • OB・OGインタビュー
TOP